お金が無くて資金繰りに困ったならば

生まれてからこの方、お金が黒字になったのは、30代の後半だけです。後はずっと赤字が続いています。

お金が無くて資金繰りに困ったならば

お金ってなぜ赤字ばかりが続くのでしょう。

考えてみると、赤字だと考えていること自体がすでに赤字だと言う事です。
黒字の時は、赤字も黒字も全く考えることはありませんでした。
放って置いてもお金は入ってくる状態で、なくなることなんか全く頭の中になかったからです。
ところが、いざ赤字になってしまうと毎月、お金のことばかり考えてしまいます。
その直前までは、お金なんか放って置いても入ってくると言う感じだったのに、赤字になった途端に、全くお金が回らなくなってしまうのです。
これは不思議だとしか言いようがないほど、本当に回らなくなってしまいます。
また、一度赤字になってしまうと、そこから黒字に持っていくことも中々難しくなってしまいます。


赤字のスパイラルが続くようになるのです。
ドンドン悪い方へ悪い方へと進んでいきます。
こうなると中々黒字には戻りません。毎月赤字ばかりが続くことになってしまうのです。
当然ながら、赤字続きでは生活も出来ません。仕方がないので、どこかから借り入れる結果となってしまいます。
ところが、借り入れを起こすとさらに状況は悪くなってきて、赤字そのモノがいつまでたったも解消できない状態となるのです。
お金は不思議なことに、仲間のいないところには絶対に集まっては来ないと言えます。
貧乏な家には、お金は寄りつかないのです。
少なくとも、ある程度のお金が潤っていないことには、お金はやってきません。これは不思議なことですが、貧乏な家はいつまでも赤字から脱却は出来ないのです。
Copyright (C)2017お金が無くて資金繰りに困ったならば.All rights reserved.