お金が無くて資金繰りに困ったならば

お金を管理する上で重要な意識すべき点を認識し、計画性を持つことで無理なく貯蓄が可能となり、赤字とは無縁となる。

お金が無くて資金繰りに困ったならば

お金の管理と赤字にならない術

社会人となり、これまで学生生活では得られなかった報酬(=給料)を得ることが可能となりますが、同時にその「お金」を管理する術を身につける必要があります。
将来の結婚資金、マイホーム資金、生まれてくる子供の養育費等々、確実に必要になるお金を如何に備えるか。まず第一に、自分の収支(=給料)を支出(=生活費)のバランスを抑えるところから始まります。
それには家計簿を3か月程つければ感覚として抑えることができるでしょう。その後、自分が使えるお金、将来のために貯蓄するお金を考えます。
ここまですれば「今月は赤字」ということがなくなるでしょう。

次に、貯蓄したお金を効率良く運用することにステップを進めます。
運用先として、投資信託、株式、FX等ありますが、各々メリットとデメリットがあります。
これは自己資本を踏まえ、赤字になっても生活に支障がないよう基準を設ける必要があります。
FXでは投入した金額以上のお金を動かすことができます。
それによって、為替の変動差のメリットを大きくし、利益を生み出しますが、反面、マイナスに転じた際のデメリットも大きくなります。
従いまして、FXは素人が手を出すにはリスクが高い金融商品と言えます。
その点、投資信託はプロの投資家がリスクを見極め、手堅く利益を稼ぐので、経済に対して疎い方でも投資による利益率は低いですが、少しずつ資産を増やすことが可能です。
最後に株式は短期、長期でリスクは異なりますが、これも素人が手を出すのには難易度が高く、現在の株価乱高下の状況では難しい選択肢と言えます。
以上を踏まえ、自らに合った投資方法を考える必要があります。
Copyright (C)2017お金が無くて資金繰りに困ったならば.All rights reserved.