お金が無くて資金繰りに困ったならば

赤字にならない為にお金をどうやって節約するか、また節約した上で足りない場合どうするべきなのかを考える

お金が無くて資金繰りに困ったならば

赤字にならない為のお金の使い方

現在、私はフリーターである。
毎月の収支は借金と奨学金のお陰で、普通に生活すると赤字となってしまう。そんな生活からどうやったら、脱却できるのだろう。私のような人間は、現代の日本にとってそうめずらしくはないだろう。では、なぜ毎月しっかり働いているのに赤字なのか。それを考えていこうと思う。

まず、お金がなくなる原因は収入が収支より少ない、またはその逆であるということが考えられる。よって、赤字を回避するには当然のごとく収入をアップさせるか支出をダウンさせる必要があるということが分かる。ここで、大事なのは収入を上げることよりも支出をさげるほうが簡単だということである。
たとえば、光熱費の節約がそのいい例だ。光熱費の節約は、金額としては小さいがちりも積もれば山となるといわれるように水道代1000円/電気代500円/ガス代/1000円コレだけで2500円も節約できるのである。
これが1年ともなると30000円ほど節約できるのだ。
しかし、節約できるのはこれだけではない。たとえば食費である。
常にチラシの安い食品を購入するようにすればより節約になるだろう。このような節約術を行い、それでも赤字なのであれば収入をアップさせる必要がここではじめてでてくるのだ。

さて、ここまで書いてきたのだが、現在私の生活は赤字である。
節約術を駆使した上で赤字なのである。
さて、そろそろ私も収入をアップする方法を探さなければならない。現在、日本には私のような生活に困っている人がたくさんいる。この世の中を、政府の方にはどうにかしてほしいと願っている。
Copyright (C)2017お金が無くて資金繰りに困ったならば.All rights reserved.