お金が無くて資金繰りに困ったならば

生活の上でお金の赤字を伴うのは個人の無計画性、自然災害による罹災、不慮の出費が伴う事でもなります。

お金が無くて資金繰りに困ったならば

お金の赤字は個人的な理由だけではありません

人の生活で必要なのは、お金でありますが収入が大事な事になります。
その収入は仕事や経営により様々ですが毎月一定額の収入があれば家計が安定します。
現在の収入が大事な事で将来の収入を考える必要はありません、就職をすれば一定額の収入が毎月あることになりますが生活していますので支出もあります。
その支出が人により問題になることが生活の上で出て来ることがあります。
収入に対して支出が大きい過ぎますと家計は赤字になり、その後の生活費を引き締めなければなりません。家庭により支出を引き締めての生活の期間は異なるのは当然です。
この事は収入が高い、あるいは低いという問題でなく収入に見合った支出をしていれば起こることはありませんが暴走してしまう人が多いのです。

ですから収入に問題があるのではなく計画性のある生活をしている否かに掛かっている問題という事になります。
また毎日の生活の上で不慮の出費が伴う事があります。
その時のために殆どの家庭は預貯金をしています。
預貯金で間に合う不慮の出費でしたが当座は凌ぐ事は出来ますが大部分の家庭は借金をしないと生活できなくなります。
生活を切り詰めると言いましても生活の慣習を変えてまでする事は大変難しくなります。
人は生活する上で何度が試練に立たされるという事になっています。
その試練を乗り切ることが出来るかに、その人の今後の生き方に掛かってきます。
その試練は会社の倒産、負傷や病気の入院に伴う出費、自然災害による罹災の出費は人が生きる上で必ず伴う事です。
Copyright (C)2017お金が無くて資金繰りに困ったならば.All rights reserved.