お金が無くて資金繰りに困ったならば

自分でお金を管理するようになると赤字には敏感になる人が多いと思いますが、意外に無頓着な人もいるようです。

お金が無くて資金繰りに困ったならば

自分で管理するお金と赤字

子供の頃には親に管理されていたためお金が黒字なのか赤字なのかなど全く気にしなかった人も大人になって自分で管理するようになれば子供の頃に比べて赤字には敏感になると思います。

しかし、意外に無頓着で自分が月にいくら使っているのか把握していない人も多いようです。

ではなぜ無頓着なのか、なぜ自分のお金の収支を把握できていない人がいるのかというといくつか種類があると思いますが、大きく分けるなら二つではないでしょうか。
一つは性格的な要因で本当にお金の管理にあまり気が回らず、欲しいと思ったらとにかく買ってしまう人で、時々買い物依存の病的な背景を抱えている人です。
こういった人は極端なところまでいけば、財産が赤字であっても借金をしてでも買ってしまうのでかなり危険です。
また、家計簿をつけるなどの対策をこうじてもなかなか管理が身につかない場合が多いのではないでしょうか。
もちろん極端な場合の話ですから、性格的にお金の把握が難しいようなら家計簿も有効です。
家計簿が難しいならレシートをためて整理するところから始めてもいいと思います。
もう一つの要因は、クレジット払いなどにして状況的に収支の把握がしきれずに赤字になりやすいパターンです。
クレジット会社からの請求がきてかなり驚いた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
もちろん最近ではポイント還元などのメリットもあるのでクレジット払いにするのはお金の助けにはなるのですが、把握できないならやめるのが無難です。
赤字になりやすい人はなぜなるのか分類すると対処しやすいのではないでしょうか。
Copyright (C)2017お金が無くて資金繰りに困ったならば.All rights reserved.